When everything seems to be going against you,
remember that the airplane takes off against the wind, not with it.

Henry Ford

運航管理者試験 平成28年7月期 気象・問5

問 5 地上において外気温度25℃、露点温度が17℃のとき、上昇気流によってできる雲のおおむねの雲底の高さはどれか。

(1)1000ft
(2)2000ft
(3)3000ft
(4)4000ft

続きを読む

運航管理者試験 平成28年7月期 気象・問4

問 4 図は一般的な断熱図に、ある大気の状態曲線ABを示したものである。この大気の安定度で正しいものはどれか。

(1)常に安定である。
(2)常に不安定である。
(3)大気が飽和していれば安定である。
(4)大気が飽和していなければ安定である。

続きを読む

運航管理者試験 平成28年7月期 気象・問3

問 3 大気の熱力学に関する記述(a)~(d)の正誤の組み合わせで正しいものはどれか。

(a)水蒸気を含まない空気塊が断熱的に上昇するとき、空気塊の温位は一定である。
(b)水蒸気を含む空気塊の温位は、その空気塊の相当温位より高くなることはない。
(c)水蒸気を含む空気塊では、気温と露点温度の差が小さいほど相対湿度が高い。
(d)水を蒸発させ水蒸気にするのに必要な潜熱は、氷から直接水蒸気にするのに必要な潜熱よりも大きい。

    (a) (b) (c) (d)
(1)  正  誤  誤  誤
(2)  正  正  正  誤
(3)  誤  正  誤  正
(4)  誤  誤  正  正

 

続きを読む

運航管理者試験 平成28年7月期 気象・問2

問 2 逆転層の成因についての記述(a)~(d)のうち、正しいものはいくつあるか。
(1)~(5)の中から選べ。

 

(a)晴れた夜から朝にかけて地表面や地物が放射によって冷却し、それに接する空気の温度が低下するために発生する。

(b)大気の乱れの強い空気層があり、その上に乱れの弱い空気層がある場合、その2つの層の間に逆転層が形成される。

(c)前線の存在により、下層に寒気、上層に暖気がくるために発生する。

(d)高気圧内では上層の空気層全体が沈降し、気温が断熱上昇して発生する。


(1) 1 (2) 2 (3) 3 (4) 4 (5) なし

 

続きを読む

運航管理者試験 平成28年7月期 気象・問1

問 1 対流圏について正しいものはどれか。

(1)対流圏では高度が上がると気温が減少し、その高さはおよそ50kmまでである。

(2)全大気体積の1/10 程度である。

(3)対流圏界面付近の温度は、極地方より赤道地方のほうが低い。

(4)対流圏内の上層にはオゾンを含むオゾン層が形成される。

 

続きを読む